TOP > ダイカスト

営業担当はおりません

第一線に立つ設計技術者が打ち合わせに出向き、ご要望をお聞きした上で品質、コスト面で満足のいくダイカストを提案しています。

より良いダイカスト製造を目指し、たどり着いたダイカスト製造の流れ

金型製作 計測 鋳造 プレス 研掃 加工 仕上検査 出荷
コスト・納期を圧縮しつつ、安定した品質のダイカストを製造

IWAKIのダイカストはここが違う

金型設計(提案・方案検討)

金型は、お客様のご要望をお聞きした上で、ダイカストのプロとして鋳造しやすく、品質、コスト面でお客様に満足頂ける金型方案をご提案しながら、最新技術を駆使して設計を行います。

湯流れ解析システム(CAE)による最適方案の検討します。

3Dプリンターでサンプルを作成しお客様に形状提案を行い生産性の高い金型の設計を行います。

金型製作

金型設計で作成したCADデータをもとにマシニングセンタ等の最新設備を使用して、金型の製作を行います。

高精度マシニングによる金型製作を行います。

ダイカストは金型が命 IWAKIのダイカスト金型

鋳造

鋳造設備は自動化されており量産性、安全性に優れ、また独自の製法により鋳巣の少ない鋳肌のきれいな製品を生産しております。

品質管理

製品の品質を保障する為、X線検査・ガス量分析・強度試験などを行う装置を備えており、品質管理を徹底し良質な製品を御提供いたします。

試作鋳造した製品の内部品質を確認する設備。

強度試験等、様々な試験を行う装置。

その他

当社では、加工を専門とする加工工場を有し、また含浸装置、スクイズ工場に於いては熱処理装置を備えており自社での処理が可能です。

ダイカストラインナップ

アルミダイカスト

ダイカストのほとんどが、アルミニウム合金です。 流動性が良いもの、耐食性の良いもの、耐磨耗性の高いものなど、いろいろな種類があります。

亜鉛ダイカスト

融点が低いので薄肉にすることが可能で、金型の寿命が長いのが特徴です。 寸法精度が良く、複雑な形状も可能です。

more

more

超高速精密亜鉛合金ダイカスト

埼玉工場では、独自の金型鋳造機を使用しハイサイクルの生産を可能としています。

半凝固ダイカスト

溶湯を半凝固状態(スラリー)にしてから鋳造を行う方法で、完全溶湯からの鋳造に比べてひけや偏析が少ない。 また、細微で均一な組織になるため、高耐圧、高強度、高靭性が求められる製品が可能です。

more

more

スクイズダイカスト

一般ダイカストよりも低速高圧で生産するダイカスト法。鋳巣の発生が少なく、高強度で耐圧性の高い製品ができます。熱処理も可能です。

more

Page Up