亜鉛・マグネシウムダイカスト

TOP > ダイカスト > 亜鉛ダイカスト

極小サイズから大物サイズまで幅広い対応が可能

融点が低いため、薄肉や、寸法精度が出し易い特徴があります。金型の寿命が長い為、大量安定供給が可能で、製品コストも安くできます。

亜鉛ダイカストの特徴

◆融点が低いので、薄肉にすることが可能
◆金型の寿命が長い為、安定供給が可能で製品コストを安くすることが可能です。
◆寸法精度が良く、複雑な形状も可能

亜鉛ダイカストの主な用途

◆インサート鋳造、メッキ、塗装、印刷など機構部品から外観部品等まで対応可能

岩機ダイカスト工業の亜鉛ダイカスト生産システム

2t〜90tまでの鋳造機を保有していますので、極小サイズから大物サイズまで幅広く対応することができます。

本社工場

◆インサートがある製品のラインでは、ロボットを使い、インサートの挿入から、ゲート切断までの一連の作業を自動で行っています。

ダイカストマシン

亜鉛ダイカストの用途

2輪

弱電

Page Up